といったといったねぇ氏の花山君が怖すぎて、自分いよいよだめかもしれません

というというねぇ様の花山様が下手くそというか、怖すぎて確かめるの不満になってきたかもしれません。偏屈だけど、技術があって本当は心根が優しい人は、確かにいるんだろうというんです。その技術に我らが助けられているのも経験でしょう。けれども、ってとねぇが「あなたのやりくり」に宣伝を載せた先、後日、2回目線の宣伝を断った先。こういう社長、代表としての眼識、胆力は素晴らしいというんです。それを花山なりにOKから、事務所に戻って来たんだは思います。けれどもそれを「花山様も心の中では理解してくれてるんだ。」という、周りにイメージさせて最初症例落着みたいな「流れ読め」的のが下手くそ。なぜに近くがあなたの心情を、そこまで慮らなくてはいけないんでしょうか?あなたは慮ってくれないのに…。現実の事務所人生も、わが強くて変人だけどキャパシティーはいるというボスに何度か当たりました。そうしてその「流れ読め」空気だけで、こちらは疲弊してしまいました。とといったねぇたちの場合は、開山としての同志という要因があればこその膨張ですが、極普通の法人の中では、これは強い。不愉快な経験が朝から蘇って、観戦が無理になってきたかもだ。花山があそこまで物すごくなければよかったのになぁ。パーマの後でも最適のシャンプーです